HOME  BLOG  
続、ホームカラーについて


STAFF BLOG

続、ホームカラーについて

Date: 2018.03.02(Fri) Writer: bando Category: ブログ

 

前回はホームカラーによるダメージについて書きました。

こちら⬇︎⬇︎⬇︎

ホームカラーを続けると良いスタイルが作れない?!

ここで書いてるのは僕らが持っているリタッチという技術があるからできるダメージレスな方法です。

自分でカラーをされる人は正直なかなかできません。

もしまんがいち自宅でリタッチを綺麗にできたとしても、もうひとつ理由があります。

薬剤の処理が自宅ではできません。

カラーは元々弱酸性の髪をアルカリ性にかたむけて発色をします。

このアルカリにかたむける役割をするアルカリ剤というものがカラー剤には配合されています。

このアルカリ剤をきちんと”処理”してあげないと1週間〜10日は髪にアルカリ剤が残りダメージし続けます。

ヘアエステではカラーの後、まず乳化でアルカリ抜きをし、その後天然の薬剤によってキューティクルを閉じ、さらに弱酸性の状態に戻します。

自宅ではアルカリを処理することは難しいです。

市販のカラー剤でカラーをされている方は基本はパーマ、矯正はお断りしています。

もちろん他店で無茶な施術をされた方もパーマ、矯正ができない場合があります。

髪はダメージをしてしまったら完全に元にはもどりません。

ダメージの少ない施術をし、時間をかけてケアをして、手間と時間をかけることで綺麗な髪になります。

市販のカラーが良くないことが少しでもわかっていただけたら嬉しいです。