HOME  BLOG  
赤味を抑えたヘアカラー


STAFF BLOG

赤味を抑えたヘアカラー

Date: 2018.05.11(Fri) Writer: bando Category: ブログ

まずはお知らせです。

当店ではご予約専用のアプリをご用意しています。
アプリ内限定のお得なクーポンもございますので、ぜひご利用ください。
Apple Store・Google Playで【イレス】でご検索頂き、ダウンロードしてお使いください。
※小樽店のアプリもございますので、お間違えのないようにご注意ください。

それと、当店は担当指名のご変更も可能となっております。

スタッフ全員ヘアエステをしっかり習得しておりますので、いつも担当しているスタイリストが休みの時や、ご予約がとれない時、ちょっと気分を変えてみたい時など、他のスタイリストへの指名変更、または指名なしでお気軽にご予約ください。

 

本日のカラーエステ、

ヘアカラーをする際、赤っぽいのは嫌なんだけど、、、抜けて赤くなってきちゃったから赤くない茶色にしたい、、、とのご注文を頂くことが少なからずあります。

お客様が一口に「あかい」と表現される場合でも、オレンジ味や赤味のことを指してるのか、明るくなったことを指してるのかなど、詳しくお聞きしてお悩みのズレをなくします。

そして赤味の場合でも、オレンジがかっているのか、赤が強く出ているのかなど、元々のメラニン色素や残留色素をしっかり見極めます。

単純にいうと色の色相環で、オレンジに対して補色の青、赤に対しては補色の緑を使ったりします。

仕上がりのイメージや髪の状態によってそれらをミックスしたり、ブラウン、近年だとグレーを混ぜたりしてご希望の色に染めていきます。

ただ髪の状態は均一でないことがほとんどです。

根本近くに対し、毛先のほうが退色が激しかったり、ダメージしてたりします。

そこにワンタッチで同じ色を塗っても全体がキレイな染め上がりにはなりません。

部分部分の状態に合わせて色の配合や栄養分を調節して、場合によっては時間差なども利用して全体がキレイに染まるようにします。

before

after

赤味を抑えたキレイなブラウンになりました。

調合した栄養分によりツヤとまとまりも良くなっています。

当店のヘアエステは繰り返すことで色落ちもしづらくなってきます。

いつもすぐ抜けて赤くなっちゃう、、、

という方にはぜひおススメです♪