HOME  BLOG  
これからの湿気対策に、やっぱりIRESU円山の酸性縮毛矯正エステ


STAFF BLOG

これからの湿気対策に、やっぱりIRESU円山の酸性縮毛矯正エステ

Date: 2019.03.13(Wed) Writer: bando Category: ブログ, 酸性縮毛矯正

こんにちは、札幌円山の美容室 IRESU円山の阪東です。

とうとう雨が降る時期になってきましたね。

今日は一時大粒の雪が降ってましたが、、、。

冬の乾燥もイヤなものでしたが、特にクセ毛の方にはこれからの雨や湿気がやっかいですよね。

そんな方のために今日は酸性縮毛矯正エステのご紹介です。

【before】

こちらのお客様は半年くらい前に一度当店で酸性縮毛矯正をされています。

表面はそれほどクセが見られませんが、中が伸びてかなりうねっている状態でした。

髪質は 量が多くて硬く、以前に矯正をした後の半年間はカラーエステやトリートメントエステを行い、カットで中の毛量を減らしたりして調節してきましたが、さすがにまとまりが悪くなり、これから湿気が出てくる前にということで半年ぶりに矯正をすることになりました。

髪表面と内側でダメージ度合いやクセの強さも違うので、部分部分で毛髪診断をし、薬剤やアイロン操作を調節します。

今回はクセが強くダメージの少ない内側は薬、アイロン共々しっかり伸ば少なく方向で、クセが少なく外部刺激を受けて傷みやすい表面はトリートメント成分をしっかり補いまとまりが良くなるように調節して行います。

 

【after】

強かった中のクセはしっかり伸びて、表面はツヤとまとまりが良くなりました。

お客様も乾かすだけでまとまるサラサラヘアーにご満足頂けました。

くせ毛というのは、髪の構造に偏りや歪みがあり、水分を保持しやすい場所とそうじゃない場所が不均一にあるため、朝ブローやアイロンなどで一度伸ばしても湿気を含むとまたクセが出てきてしまいます。

矯正はその歪んだ構造を分解、再結合することで湿気にも負けないストレートヘアーにします。

酸性縮毛矯正は、人体の元々の性質である弱酸性に近い状態で行える矯正です。

アルカリ矯正に比べて劣化が少ないのが特徴の一つですが、かといってダメージが全くないということではなく、正しいメンテナンスを続けることでより長く良い状態を維持できます。

 

少々話しがそれますが、

矯正をする場合、一度やった部分はそれ以上ダメージさせないようかぶせずに伸びたリタッチのみ行うのが理想ですが、クセの戻りなど状態によってはダメージ度合いをしっかり判断し、慎重にその部分も施術する場合もあります。

できるだけベストな状態にお仕上げしご満足頂けるよう時には一部分テストさせて頂くこともあります。

それでもダメな場合はご相談の上施術を変更させて頂くこともあります。

矯正はクセを伸ばすというなかなかなことを行う技術なので、無理をすると取り返しのつかないことになりかねませんので。

これから矯正を望むお客様が増えてくると思いますが、縮毛矯正はそれなりにリスクも伴うものだとご理解頂いた上で、状態をしっかり理解し適切な施術を行ってくれる美容室、美容師さんにご相談するのが安心かと思います。

 

【その他施術例はこちら】

乾燥にも負けない、IRESU円山の酸性縮毛矯正エステ

IRESU円山の縮毛矯正は自然で時間がたっても綺麗です

 

 

イレス円山のインスタでもビフォアフター載せてます!

気軽にフォローしてください☺