HOME  BLOG  
サラつやになる酸性縮毛矯正とは


STAFF BLOG

サラつやになる酸性縮毛矯正とは

Date: 2018.02.05(Mon) Writer: bando Category: ブログ

従来、パーマや縮毛矯正に使う薬剤はアルカリ性のものが多いのですが、

なぜかと言いますと、、、

 

人の皮膚や髪は弱酸性で最も安定した状態を保っています。

その安定している髪に変化を加えようとしてもキューティクルが防護壁となって異物をはじきます。

そこでアルカリによってキューティクルを開き、髪を軟らかくして髪内部に薬剤を浸透させ変化を起こします。

髪の結合を切る還元剤もアルカリの状態で力を発揮するものを使い、効果を高めています。

デメリットとして、キューティクルを開き髪を軟化させるので、過度な薬剤選定や繰り返しの施術によって髪が必要以上にダメージしてしまうことが挙げられます。

 

その点は酸性縮毛矯正も全く違うわけではありませんが、大きな違いとしてやはりアルカリではないということ。

アルカリの力を使っていないため、キューティクルがほとんど開かず、髪も軟化しません。

そのため表面的なダメージはほとんど感じられず、髪の硬さも操作していないため自然で柔らかな質感になります。

キューティクルを開かないため従来の還元剤では髪内部に浸透しないので、スピエラという特殊な還元剤を使っています。

スピエラはそれ自体が油を多く持っているので、ツルツルの仕上がりになるのも特徴です。

 

良いことだらけに聞こえますが、髪内部の結合を操作していることには違いないので誤った毛髪診断による施術や矯正後の無理な施術によっては悪い結果をもたらす可能性もあります。

なので当店ではカウンセリングには少々お時間を頂き、毛髪診断をしっかりさせて頂きます。

(状態によっては施術をお断りする場合もあります。)

 

薬剤の性質が違うため、アイロンの理論や方法も変わってきますが、それはまたの記事で。

最後にサラつやになったお客様です♪